身体表現性障害

 


list 身体化障害 

 

30歳以前に様々な身体症状が起こることが多く、数年以上持続します。

身体化障害は重度の慢性障害で、多様な身体症状(痛み、胃腸症状、性的症状、神経症状など複数の症状)が繰り返し起こり、原因となる体の異常が見あたらないのが特徴で、女性に多い病気です。

 

神経症状には、めまい、麻痺、脱力、失声(しっせい)、尿閉(にょうへい)、幻覚、盲(もう)、聾(ろう)、けいれんなどがあります。

身体化障害の患者にみられる身体症状は、助けてほしい、気にかけてほしいと訴えるコミュニケーション手段と考えられています。そのため患者の訴えは誇張されていたり、既往歴に一貫性が欠けていたりします。




 当院における治療法 
当院(HSC)では、症状の原因となる心理・社会的背景をHSC集団心理療法やHSCカウンセリングにより探っていき、適切なコミュニケーションを学んでまいります。

 

 

 

 

 

list 転換性障害 

 

いわゆるヒステリーといわれるものです。

心理的な葛藤によって引き起こされた身体症状が無意識下で転換され、神経障害に似た症状として現れます。

運動性の症状では、麻痺(まひ)、脱力、嚥下困難、失声(しっせい)、尿閉などがみられ、感覚性の症状では、触覚や痛覚の消失、複視(ふくし)、盲(もう)、聾(ろう)、幻覚などがあります。

 

 当院における転換性障害の治療 

当院(HSC)では、症状の原因となった心理的葛藤を、HSCカウンセリングやHSC集団心理療法により自己分析し、整理していただきます。また、瞑想・リラクセーションにより内面的緊張を解きほぐしてまいります。

 

 



list疼痛性障害 

 

別名、慢性疼痛、心因性疼痛とも言われ、心理・社会的要因がかかわっている痛みです。

頭痛、眼痛、歯痛、肋間痛、腹痛、背部痛、腰痛、坐骨痛など体のあらゆる部位に起こりうる病気で、交通事故や歯の治療を契機にして起こることが少なくありません。



ただ、いくら時間が経過しても痛みが和らがず、日常生活に支障をきたしてしまいます。鎮痛剤が効かないケースも多く、心理的ストレスの整理によって快方に向かいます。

 当院におけるうつ病の治療 
当院(HSC)では、HSCカウンセリングやHSC集団心理療法により、痛みの背後にある心理・社会的問題に気づき、整理するサポートをいたします。
瞑想・リラクセーションによって、心身の緊張を和らげるのも痛みに効果的です。
ぜひ一度お試しください。

 

 

 

 

list NUD、機能性ディスペプシア、機能性胃腸症、神経性胃炎 

 

Non-ulcer dispepsia(NUD)は、機能性ディスペプシア、機能性胃腸症、神経性胃炎とも言われ、一般的検査では胃粘膜にただれなどの器質的(組織)的変化が認められないものの、胃の痛みをはじめとした、腹部膨満感、吐き気・おう吐、食欲不振、胃のもたれ、胸やけなどの胃腸症候群で、最近の一年間で計12週以上続くものをいいます。

我が国では4人に1人がこのような症状を訴え、今後も増加傾向にあるとみられています。

NUDは、運動不全型(吐き気・おう吐、腹部膨満感、食欲不振、胃もたれ)、潰瘍型(空腹時や夜間にみぞおちの痛み)、非特異型(前の2つの型のいずれにもあてはまらないが、常にいずれかの症状をもつ)の3タイプに分けられ、我が国では運動不全型が全体の約6割を占めています。

 当院におけるNUD等の治療 
NUDは心理的ストレスが深く関係しています。
当院では、HSC集団心理療法やHSCカウンセリングでストレスの整理をサポートいたします。

 

 

 

 

list 過敏性腸症候群 

 

主に大腸を中心にした機能異常で、下痢や便秘、ガス過多による下腹部の張りなどの症状が起こります。

検査を行っても炎症や潰瘍など目に見える異常が認められません。
精神的不安や過度の緊張などが引き金となり腸の運動を司る自律神経に異常が生じます。

また、もともと神経質な性格であったり自律神経系が不安定であったりする人が暴飲暴食やアルコールの多量摂取などを行ったり、過労や体の冷えなどの状態に置かれた場合に症状が発生する場合もあります。

 当院におけるうつ病の治療 
当院(HSC)では、薬物療法により大腸機能を整えたのち、HSCカウンセリングやHSC集団心理療法によりストレス整理をサポートします。

 

 

 


 

list 自律神経失調症 

 

自律神経は交感神経と副交感神経で成り立っています。
この2つの神経系のバランスが乱れるとこの病気になります。

たとえば、耳鳴り、めまい、冷え性、汗かき、のどの渇き、動悸、過呼吸、呼吸困難感、肩こり、頭痛、筋肉痛、腰痛、吐き気、食欲不振、過食、下痢、便秘、腹痛、むくみ、しびれなど、多種多様な症状が見られます。

 当院におけるNUD等の治療 
心理ストレスで神経のバランスが乱れることが多いので、当院(HSC)ではHSCカウンセリングやHSC集団心理療法によりストレスの整理をサポートいたします。

瞑想・リラクセーションに参加することで、自律神経の緊張をほぐすことも出来ます。


 

 


list 心因性発熱 

 

心理ストレスにより中枢神経系の体温調整が不調になって、体温が37~38℃台に上昇してしまう病気です。

倦怠感、易疲労感を伴い自律神経失調症や慢性疲労症候群と診断されることもあります。 また、ストレスで体の免疫力が落ち、ウィルス感染しやすくなって、風邪をひいて発熱することもあります。

いづれにせよ、心理ストレスの整理が治療には重要となります。
HSCカウンセリングやHSC集団心理療法が効果的です。

 

 

 

 


 list 慢性疲労症候群 

 

原因不明の強度の疲労が一般には6ヶ月以上続く病気です。
いわゆる神経衰弱と重なる症状が少なくありません。

症状としては、社会生活に支障が出るほどひどい集中力の低下、 のどの痛み 、首またはわきの下のリンパ節に圧痛、筋肉痛 、2カ所以上の関節に痛みがあるが、腫れや圧痛は認められない、過去の頭痛とは種類、パターン、程度などが異なる頭痛 、眠っても疲れがとれない、運動後24時間以上、体調不良が持続する、などがあります。

 

うつ病や不安障害の合併も高くみられます。
ウイルス説や遺伝子異常・内分泌異常・免疫機能異常など原因としていろいろ挙げられていますが、これまでの研究では解明されていません。しかし心理ストレスとの関連が強いことが指摘されています。

 

 当院における慢性疲労症候群の治療 

当院(HSC)では、ウイルス感染や膠原病などの身体疾患の検査を専門医療機関でお勧めしています。
その上で、心理ストレスの整理をサポートするため、HSCカウンセリングやHSC集団心理療法に参加していただいています。

 

 

 


 list 斜頸、書痙 

 

斜頸(しゃけい)は胸鎖乳突筋の緊張により首が回旋し顔が傾く症状で、書痙(しょけい)は字を書いたり、ハサミを使ったりするとき手が震えたり、手首が硬直してしまう病気です。

心理ストレスが影響しているケースが少なくありません。
たとえば、右に顔を背けてしまうという症状で来院された方がいらっしゃいました。


事情をお聴きすると、職場で自分とウマが合わない同僚がいて、その人が自分の左側の席で仕事をしているということでした。
内面の気持ちが、無意識に体に現れ、顔を右に背けてしまった斜頸の症例です。

薬物療法として、抗不安薬、抗けいれん薬、β遮断薬、ボツリヌストキシン局所注射などがあります。 また、バイオフィードバック自律訓練法などのリラクセーションが効果的なこともあります。



 当院における慢性疲労症候群の治療 

当院(HSC)では、向精神薬を用いた薬物療法にくわえ、自分がまだ気づいていない深層心理を分析できるようHSCカウンセリングやHSC集団心理療法でサポートいたします。

 

 


 list 心気症 

 

検査で身体疾患がないにもかかわらず、自分はなんらかの病気ではないかと異常にとらわれる心理状態で、身体表現性障害に分類されます。

神経質タイプの方やお年を召してきて体に自信がなくなってとらわれてしまう方が多いようです。



 当院における慢性疲労症候群の治療 
いずれにせよ、HSCカウンセリングやHSC集団心理療法により、“とらわれ”を生む心理・社会的背景を分析し、整理することで症状が軽減します。