HOME対象疾患と症状 > 社会不安障害(SAD)

社会不安障害(SAD)

 
「社交不安障害」ともいわれ、よく知らない人たちの前や他人の注目を浴びる状況で過度に緊張してしまい、社会生活が妨げられる病気です。

いわゆる、「あがり症」、「赤面恐怖症」、「視線恐怖」、「吃音(どもり)」、「緘黙(かもく)」もここに含まれます。

緊張、恐怖が高まり、パニック発作を誘発する場合もあります。また、社会不安障害(SAD)は、引きこもりの原因ともなっています。

生涯有病率は、3~13%と報告されており稀(まれ)な病気ではありません。
男女比では、若干男性の方が多いとされています。
年齢では、思春期の15歳前後や、管理職となり人前で話す機会が多くなる30~40歳ごろに発症が増えます。

治療では、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)が世界の第一選択薬となります。
一般に認知行動療法が有効とされていますが、当院(HSC)では、過剰に緊張する認知の修正に加え、自分への自信を取り戻していただくポジティブ心理学を取り入れた心理療法をおこないます。

この自信を取り戻すことで、他人の評価に過剰反応しない自分へと生まれ変われます。