HOME対象疾患と症状自律神経失調症

自律神経失調症

 

 

自律神経は交感神経と副交感神経で成り立っています。
この2つの神経系のバランスが乱れるとこの病気になります。

たとえば、耳鳴り、めまい、冷え性、汗かき、のどの渇き、動悸、過呼吸、呼吸困難感、肩こり、頭痛、筋肉痛、腰痛、吐き気、食欲不振、過食、下痢、便秘、腹痛、むくみ、しびれなど、多種多様な症状が見られます。

心理ストレスで神経のバランスが乱れることが多いので、当院(HSC)ではHSCカウンセリングHSC集団心理療法によりストレスの整理をサポートいたします。

瞑想・リラクセーションに参加することで、自律神経の緊張をほぐすことも出来ます。