HOME対象疾患と症状筋緊張性頭痛、片頭痛、群発性頭痛
 

筋緊張性頭痛、片頭痛、群発性頭痛

 
 

 

日本人の3~4人に一人は頭痛持ちとされ、ありふれた病気です。
筋肉のコリからおこり後頭部を中心に痛む筋緊張性頭痛、血管拡張による片頭痛、目の奥に激痛が走る群発性頭痛に分類されます。
片頭痛の場合、一部視野が欠ける視覚暗点やギラギラ輝く歯車のようなものが見える閃輝暗点を伴うことがあります。

これらの頭痛は、心理的ストレスが関わっていることが少なくありません。
当院(HSC)では、脳血管障害(脳梗塞、脳内出血)や脳腫瘍により二次性の頭痛が生じていることもありますので、必要があれば近隣の医療機関をご紹介し、頭部MRI検査をしていただきます

薬物療法では、解熱鎮痛薬(げねつちんつうやく)、筋弛緩薬(きんしかんやく)、抗不安薬、抗うつ薬、カフェイン製剤、トリプタン系薬剤などの世界標準の治療をいたします。

また、HSCカウンセリングHSC集団心理療法により、原因となったストレスの整理をサポートいたします。