HOME対象疾患と症状心因性発熱、ストレス性発熱

心因性発熱、ストレス性発熱

 
心理ストレスにより中枢神経系の体温調整が不調になって、体温が37~38℃台に上昇してしまう病気です。

倦怠感、易疲労感を伴い自律神経失調症慢性疲労症候群と診断されることもあります。 また、ストレスで体の免疫力が落ち、ウィルス感染しやすくなって、風邪をひいて発熱することもあります。


いづれにせよ、心理ストレスの整理が治療には重要となります。
HSCカウンセリングHSC集団心理療法が効果的です。