HOME対象疾患と症状摂食障害

摂食障害

 

 

極端な食事制限や、過度な量の食事摂取などを伴い、それによって患者の健康にさまざまな問題が引き起こされます。
いわゆる拒食症と過食症です。

拒食症(神経性無食欲症)では標準体重の85%維持を拒む場合を言い、それ以外を過食症(神経性大食症)と考えます。

ちなみに、標準体重は「身長(m)2 × 22」で算出されます。

女性に圧倒的に多く、摂食行動以外にも、抑うつ症状、自傷行為、アルコール乱用などの精神症状を合併することも多く、内科的疾患(電解質異常による不整脈、栄養失調による感染症や貧血、脳萎縮、骨粗しょう症など、過食による肥満や糖尿病など)を併発することもあります。
心理的には完璧主義者が多く、自分の理想的体型に過度にこだわるあまり、異常な食事制限をしたり、下剤を乱用します。また、内面的自信が低いため、外見で自信を取り戻そうとして、異常な食行動に走ります。

この自信のなさは、兄弟葛藤や不良な親子関係が根っこにあることが少なくありません

当院(HSC)では、行動療法により正常な食行動を取り戻していただきます。

さらに重要なのは、HSCカウンセリングHSC集団心理療法により、自分のすばらしさに気づき、自信を取り戻すことです。また、完璧主義から脱し、あるがままの自分を受け入れ、地道に努力する自分をほめてあげる「最善主義」を身につけていただきます。
 
必要であれば、家族問題まで踏み込んで、問題の根源を整理してまいります。