気分障害

 


list うつ病 

 

うつ病(鬱)は、「ガソリンが切れかかっている車」にたとえられ、

心のエネルギーが枯渇(こかつ)した状態です。

現在、35人から50人に1人、生涯の間には15人から7人に1人がうつ病にかかると報告されています。

 

ストレス社会に生きている私たちにとって、うつ病は誰にでもなりうる心の病で異常なことではありません。大切なのは、心身の症状を素直に受け止め、それがいったい何を意味しているのかを考えてみることです。

その教訓が、次の成功、将来の成長の「肥やし」になることが少なくありません。



うつ病にかかりやすい病前性格は:

メランコリー親和型(秩序を愛する、几帳面、律儀、生真面目、融通が利かないなど)、執着性格(仕事熱心、几帳面、責任感が強い)などがあります。

 

 

その他うつ病に該当する気分障害

気分変調性障害(抑うつ神経症):
性格や思考パターンが大きく関わって発症した抑うつ症状

 

適応障害:
介護・死別・入社・リストラ・昇進・受験・結婚・離婚・引越しなど、人生の不測の事件や転機に発症した抑うつ症状

 

うつ病時の症状
 抑うつ気分、興味や喜びの喪失、気力の減退、易疲労感、物忘れ、集中力低下、
自信喪失、自責感、自殺念慮、希死念慮、自殺企図、食欲不振(あるいは増加)、
不眠(あるいは過眠)など



 当院におけるうつ病の治療 

 まず、薬物療法で精神的余裕をつくり、それから心理療法により心理・社会的問題を整理していくという経過を取ります。

うつ状態になると脳内のセロトニンアドレナリンなどの神経伝達物質が不足すると想定されています。、薬物療法では、それらの物質の脳内分泌を促進させるため、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)とセロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬(SNRI)等の世界の第一選択薬を用い、状態改善を行います。


そのほかにも、うつ度を測るための心理テストなどを用意しています。

 

抑うつ度テスト
 抑うつ度テストには、CES-D、BDI、SDSなどが主要な心理テストです。
HSCでは抑うつ度テストにCES-Dを用います。

 

 



list 躁うつ、双極性障害 

 

躁うつ(そううつ)は、「双極性障害(そうきょくせいしょうがい)」または「双極性感情障害」とも言われ、自分ではコントロールしがたい“ハイ”な状態、いわゆる躁状態とうつ状態を繰り返す精神疾患です。

 

うつ病にくらべ、病因に遺伝子がかかわっていることがわかっていますが、ストレスを契機として発症することが多く、ストレス対処がうまい人は、たとえ遺伝的な体質を持っていても、躁うつ病にかかりにくいと考えられます。

 

 

躁うつになりやすい方の傾向としては、社交的で親切、温厚だが、その反面優柔不断である為、決断力が弱い方が多く発症していると考えられています。

 

症状例としては、躁(そう)状態では、持続的(少なくとも1週間は続く)で異常な気分の高揚、 自尊心の肥大・誇大(自分は何でもできると気が大きくなる)、多弁、不眠、
注意散漫、観念奔逸(くだらない考えが、次から次へと浮かんでくる)、
制御のきかない買い物、性的無分別、無謀な資金投資
などがあげられます。

 

うつ状態は上記の症状を参照してください。

 躁うつ病の治療 

うつ状態では、SSRIやSNRIなどの抗うつ薬
躁状態では、鎮静作用が強い抗精神薬を用います。

 

また、予防には、リチウム塩や抗てんかん薬(バルプロ酸、カルバマゼピン)
などの気分安定剤を内服します。

 

 当院におけるうつ病の治療 

気分の波には、必ずカラクリがあります。
世界標準の薬物療法に加え、当院では、カウンセリング集団心理療法により
そのカラクリを自己分析できるようサポートいたします。