HOME対象疾患と症状薬物依存、アルコール依存、薬物大量服用(OD)
 

薬物依存、アルコール依存、薬物大量服用(OD)

 
 

 

現在は高度専門分化したストレス社会です。
人は、強いストレス下にあるとき、それを紛らわそうと薬物やアルコールにはまっていきます。

したがって、薬物依存やアルコール依存はストレスの結果にしか過ぎないので、その根本原因を整理することが肝要です。
また、人生目標、生きる意味が見つからなくて、ギャンブル依存買い物依存になります。

イライラがつのったり、失意のどん底にあるときに、それを忘れたくて薬物大量服用(OD)する方も少なくありません。

当院(HSC)では、人生問題の整理をすすめ、人生の目標と生きる意味を見つけるお手伝いをいたします。HSCカウンセリングHSC集団心理療法にご参加ください。