HOME対象疾患と症状認知症

認知症

 

 

以前本邦では「痴呆(ちほう)」と呼ばれていた病気です。

局所神経症状をともなう血管性認知症人格変化をともなうアルツハイマー型認知症に大きく分かれます。
年間発症率は75歳を超えると急に高まり、65~69歳では1%以下ですが、80~84歳では8%にも上ります。また、ストレスにより発病が促進します。

アセチルコリン分解酵素阻害薬、塩酸ドネペシル(商品名アリセプト)が認知改善薬です。

当院(HSC)では、改訂長谷川式テスト(HDS-R)MMSEにより認知機能を的確に評価し、結果に応じて薬物療法をおすすめします。 また、うつ病で記憶が低下していることもあるので、ほかの心理テストも駆使しながら慎重に診断を進めてまいります。

心理ストレスにより認知症が増悪することが分かっていますので、HSCカウンセリングHSC集団療法に参加していただき、ストレスの整理と生きがいの発見をしていただきます。
生きがいが寿命を延ばすことが証明されています。