HOME対象疾患と症状慢性疲労症候群(CFS)

慢性疲労症候群(CFS)

 
原因不明の強度の疲労が一般には6ヶ月以上続く病気です。
いわゆる神経衰弱と重なる症状が少なくありません。

症状としては、社会生活に支障が出るほどひどい集中力の低下、 のどの痛み 、首またはわきの下のリンパ節に圧痛、筋肉痛 、2カ所以上の関節に痛みがあるが、腫れや圧痛は認められない、過去の頭痛とは種類、パターン、程度などが異なる頭痛 、眠っても疲れがとれない、運動後24時間以上、体調不良が持続する、などがあります。


うつ病不安障害の合併も高くみられます。
ウイルス説や遺伝子異常・内分泌異常・免疫機能異常など原因としていろいろ挙げられていますが、これまでの研究では解明されていません。
 
また、心理ストレスとの関連が強いことが指摘されています。
当院(HSC)では、ウイルス感染や膠原病などの身体疾患の検査を専門医療機関でお勧めしています。
その上で、心理ストレスの整理をサポートするため、HSCカウンセリングHSC集団心理療法に参加していただいています。