HOME対象疾患と症状境界性人格障害(BPD)

境界性人格障害(BPD)

 

 

この疾患は、境界型人格障害、境界性パーソナリティ障害、ボーダーラインパーソナリティ ディスオーダーともいわれ、近年患者数が増えていることで注目されています。

幼少期の虐待や不良な家族環境により、自己評価が低くなり、他人の評価を過剰に気にしたり、極端な理想主義者となって自分を追い詰めていってしまいます。

責任転嫁する思考パターンも見られ、問題を他人のせいにして攻撃的になったり、イライラがつのって自傷したりします。
 
自分を過小評価する傾向を改め自信を取り戻すことと、現実を直視して自己責任で人生問題を解決していくことで完治していきます。
 
当院(HSC)では、最新のポジティブ心理学をベースにしたカウンセリング集団心理療法により、自信を取り戻し、自力で問題解決していける力強い人間に生まれ変わっていただきます。