HOME対象疾患と症状注意欠陥・多動性障害(ADHD)

注意欠陥・多動性障害(ADHD)

 

 

多動性、不注意、衝動性を特徴とする障害です。

多動性・衝動性優勢型(HD)、不注意優勢型(ADD)、混合型の3つのタイプに分けられ、子供では多動性・衝動性優勢型が多く、大人では不注意優勢型が多いとされます。

学童期までの発症率は1.0 - 6.0%で男子の方が女子よりも高いです。


エジソンや坂本竜馬もADHDだったと推測されており、異常ではなく、平均に収まらない偏った個性と考えられます。過去の偉人たちのように、うまく個性を伸ばせば社会に有用な立派な仕事が出来ます

当院(HSC)では、WAIS-IIIWISC-IVCAARSConners-3などの心理テストを駆使して心理評価します。(※CAARS、Conners-3は10割自己負担となります。平成28年12月現在)

 

その結果を踏まえ、薬物療法(ストラテラやコンサータなど)やHSCカウンセリングで今後の人生設計をお手伝いいたします。メチルフェニデートなどの精神刺激薬を避けたい方には、漢方も検討いたします。